メニュー

ブログ「木の香の家日記」

「移り住む。」ことを決めた3つのこと@大和の家

2019.08.17 カテゴリ:

76日、七夕の前日。

夜、洗濯干しに外に出て

飛び込んで来た満天の星空です。

 

沁み入るような美しい夜空でした。

 

さて、今日は大和の家の施主さまご夫妻が、

移住を決められた3つのことのお話。

 

緑あふれる、

わが町、大和町。

 

移住第一候補に挙げてくださったのは

3つの理由がありました。

(本当はもっとたくさんの、

ココロの中の葛藤がお有りだった中での決意と思います。)

 

ひとつめは、大和町は交通のアクセスがよいということ。

(出て行く人は、こんな不便な田舎!!というのですが。。笑笑)

 

山陽自動車道の上り下りのインターチェンジに、20分前後。

広島空港に20分前後。

 

広島県のヘソ辺りに位置するので、県北の街にも1時間以内。

中国自動車道などにもアクセス可能。

 

夫婦お互いの仕事の通勤が可能ということ。

 

2つめは、のどやかな田舎感。

田舎に住みたい、とずっと思っていらしたそう。

 

3つめは

2人で何度も足を運び、ここに住もう!と思ったこと。

きっとそれはお二人の生き方、感覚なのでしょう。

 

中古住宅を購入し、リノベーションすることを決意され、

いろんな家を見ていただいたのですが

大き過ぎたり、古過ぎたり、なかなかピッタリ来る空き家に出会えませんでした。

 

ある日、ここの土地を買わないか、、という情報があり

話がトントン拍子に進んで、1000㎡を超える土地を、

格安で譲り受けることになったのです!

 

前持ち主さんは、蛍飛び交うこの土地に

家を建てて住むことを夢見ておられたものの

道半ばで断念。

 

どうにかして手放したかったそうで、

涙を流さんばかりに喜んでくださいました。

 

「いい家を建ててあげてくださいね!

出来上がったら見に行かせてくださいね!」

契約書に印を押した後、晴々した顔で

私にそうおっしゃいました。

 

夢半ばで諦めた家を、託されたようでした。

そして7月に迎えた地鎮祭。

任せてください!

おおらかな自然の中で暮らす家、

寒暖差のある山の暮らしに、ほっこり暖かい木の家作りは

私どもの得意とするところです。

 

近所の方々も、

賑やかになるね!この辺りは移住者も多いから

安心して来てくださいね!

と歓迎してくださいました。

 

田舎には、空き家がたくさんあります。

維持していくことや、草刈りの負担、

相続の問題などで、

格安で譲り受けることのできる物件もあります。

 

おぼろげに、田舎暮らしを考えられている方があれば

自分の気に入った土地に、何度も足を運び、

イメージを膨らませてくださいね。

きっと良い縁に繋がっていきますよ。

 

モチロン!大和町への移住も大歓迎。

空き家の情報も有りますので、

お気軽にお問い合わせください!


関連記事
  • 「移り住む。」青田風吹き渡る夏の日、地鎮祭が執り行われました@大和の家

  • 空き家、、そして生き生きと暮らしを紡ぐ家へ@西条の家

  • No Image

    あけましておめでとうございます。

  • 家の記憶を引き継いで、新しい暮らし、始まります♪

この記事をシェア