メニュー

ブログ「木の香の家日記」

空き家、、そして生き生きと暮らしを紡ぐ家へ@西条の家

2019.08.31 カテゴリ:

 

8月というのに降り続く雨が、各地でまたまた甚大な被害をもたらしましたね。

映像を見ていると、昨年の西日本豪雨災害のことを思い出し、

胸が締めつけられる思いです。

今は本当に大変だろうけど、

復旧の日を信じて、踏ん張っていただきたい。。

できる支援をしようと思います。

 

上の写真は、私製デラウエア。笑

天候不順にもめげず、今年もたわわに実りました。笑笑

 

さて、今日はのびのびになっていた、

西条の家の完成photoのご紹介です。

 

西条の家は、昭和47年に建築された

木造平屋建ての家。

外壁はモルタルで塗られ、

内部は南側に和室二間と縁側、

当時どこにでもあった感じの家です。

 

解体前、工事中の様子は

以前のブログ記事をご覧ください。

 

そして出来上がった家。

家族が一緒に過ごす時間を大切にしたい!

施主さまの思いを実現すべく、

キッチンから居間をオープンスペースに。

 

 

 

キッチンは、この家の司令塔のような場所で、

ここにいると家族の気配を感じ取ることができるのです。

 

 

小上 がり和室も続きます。

段差を利用して作ったスペースに、カゴを設えて

当面ここを子どもたちのおもちゃ自主収納スペースに。

 

大きなテーブルでは、食事したり、遊んだり、宿題したり。

テラスでは、3人の元気な子ども達が遊べるように

棟梁手作りのブランコが揺れています。

 

この家は、表面的なリフォームではなく

構造躯体の劣化対策、耐震性、省エネルギー性、維持管理交換の容易性等、

全ての性能を高め、長期にわたって安心して暮らしていける

 

長期優良住宅リフォーム事業の認定を受けました。

 

築47年、空き家になり3年。

住まい手を失って、もしかしたら壊されていた家。

 

再び生き生きと暮らしを紡ぐ家に生まれ変わることができました!

 

 

木造の家には、いろんな可能性が秘められていると

日々の仕事を通して感じています。

 

 『この家どうなの?』『リフォームできるの?』

お悩みの方はお問い合わせくださいね!!


関連記事
  • 冬将軍到来、家中を綺麗な空気で、暖かく暮らす設計工夫の話♪

  • No Image

    大寒の日~薪ストーブでほっこり暮らしの家々を♪

  • No Image

    あけましておめでとうございます。

  • 中古平屋の家のフルリノベーション、サムサニマケズ追い込み中_西条の家

この記事をシェア