メニュー

ブログ「木の香の家日記」

中古平屋の家のフルリノベーション、サムサニマケズ追い込み中_西条の家

2018.01.31 カテゴリ:

今日は、東広島市西条町で進行中の 木造平屋のフルリノベーションのお話です。

 

寒い日が続くなか、 大工さんチームを筆頭に、職人さんチームの頑張りで、 現場はずいぶん進んで来ました。

(ブログの進行が間に合っていませんが。。(^◇^;))

 

解体前の元の姿は、、 IMG_0484 IMG_0431 IMG_0448 昭和の香りがする、笑 どこか懐かしい感じの家。

リフォームをして、大切に住んで来られた様子が伝わってくるのです。

 

30代のご夫婦➕子ども3人のご家族が新たに住まいとするためには、 耐震工事、断熱工事などきちんとしたい!ということに。

そこで、家の健康診断というべき、インスペクション(現況調査)をしましたよ。

状態がわからなければ、治療ができないのでね。 IMG_0492

 

基礎部分の鉄筋に反応する鉄筋探査機で検査ちう。の様子。

床下に進入すると、シロアリさんの道を発見! IMG_0531 中には、ゾクゾクとシロアリさん生息(((o(*゚▽゚*)o))) IMG_0626 シロアリさんが食ったところはこんな風になります。

 

現況検査→リフォーム設計→耐震断熱等詳細設計→長期優良化リフォーム設計→着工 ざっとこのような手順を踏むのですが、

検査機関から何度も訂正や説明を求められ、、 着工は当初の予定より数ヶ月も遅れてしまいました。

 

古い家をきちんと耐震化設計をして 長期に渡って家をきちんと住み続けることができるよう 維持保全計画を作成。

これにより、補助金を受けることもでき メリットは大きいのです。

 

しかし、申請から着工まで 予測以上に時間と手間がかかったのも事実。

これから取り組まれる方は、 工事期間にかなりの余裕を持っておかれた方がよいかと思います。

 

さて、いろいろな手続きを経て、ようやく解体開始。

シロアリさんに食われたところはモチロン撤去しましたよ。 image image 天井を落とすと、小屋裏には弊串が。。 昭和46年上棟が刻まれています。

きっと、家族の大きな喜びとともに、上棟を迎えられたのでしょう。

 

リフォーム、リノベーションで解体をする度に、 身の引き締まる思いがする瞬間です。

きちんと直して、長く住み続けてもらうように頑張らなければなりません。。

 

また工事の様子を紹介していきたいと思います。

2月末にはオープンハウスが出来ると思うので 詳しい日程は、またお知らせしますね。

 

平屋の家のリフォームに興味がある方、

耐震断熱リフォームに興味がある方、

長期優良化リフォームに興味がある方、

贈与により住宅リフォームをされたい方、

贈与税の控除の条件について、詳しく知りたい方、

 

どうぞ見に来てくださいね!


関連記事
  • 春らんまん♪仲良し5人家族の中古住宅リノベーションを振り返る@西条の家

この記事をシェア