メニュー

住まい手の声

夫婦なかよく暮らす小さな家

どうせ建てるなら、いい家を。

三角屋根とクルマ2台が入るガレージを併設した木の家を建てられたKさん。実はご実家もフカガワで建てており、ご自身の家づくりの際にはなんの迷いもなく、フカガワに頼まれたといいます。「以前住んでいた市営住宅を出ることになり、新しいところの家賃を考えたら建てて(自分のものにして)しまったほうが得かなと」…と当初は小さな家を想定していたそうですが、いまの大きさと仕様の家になったのだそう。「だんだん、無垢の木にしたいとか、暖かい家にしたいよねとか、要望が積み重なってこうなったんですが、実際に住んでみると、使い勝手とか暖かさとか、日々の暮らしの中で『いい家にしてもらってよかったなあ』としみじみ感じることが多く、頑張ってこの家に建ててよかったなと思ってます」とKさん。

薪ストーブの暖かさ

リビングのまんなかには小さな薪ストーブが置かれています。「これ一台で暑すぎるくらい暖まります。朝まで余熱が残り真冬でも20℃以下にはならない感じです。断熱がしっかりしているのガンガン炊かなくても暖かいんですよ」。当初、寒くなるから吹き抜けはいらないと要望されたそうですが、フカガワから「寒くない吹き抜けをつくります」といわれ、この空間になったといいます。実際寒くはなく、二階に暖気がまわることで家全体が快適な住まいになっていました。
一方、夏は湿気がなくさわやかだそう。「家に戻るとほんとさわやかで気持ちがいいんです」と、四季を通じて木の家の心地よさを満喫されているようです。

  • リビングのまんなかには薪ストーブ
  • 造作のかわいらしいキッチン

薪ストーブとガレージがつなぐ家族の絆

薪ストーブの薪を準備はチェーンソーや薪割機まで用意して家族で行っているそう。「最初は朝起きて着火の準備するがたいへんで、ファンヒーターやエアコンのほうが楽だなあと思ったりしたこともありましたが、暖かさの質が違うんですよね」と奥様が話せば、「薪ストーブを入れたいっていったのは自分の趣味なんです。火を見たいというか、木を炊きたいというか(笑)」と旦那さま。

夫婦なかよく暮らす小さな家がコンセプトのKさんの家、ガレージを除くと30坪を切る広さですが、狭苦しい感じはなく、夫婦それぞれの個室も用意されています。「オープンなガレージはBBQもできるし、お月見したりもできるんです」。小さくても設計の妙で家族それぞれがつかずはなれずの距離で暮らすことのできる家、それが実現できているのがKさんの住まいでした。

  • タイル仕上げが珈琲ミルとよく似合います。
  • 米櫃を格納できる造作のキッチン棚

三原市K様


家族構成:ご夫婦/竣工年:2016年

関連記事
  • 自然と暮らし、育つ木の家。

この記事をシェア
  • お問い合わせ・資料請求
  • ブログ「木の香の家日記」